魚屋路、平日ランチ限定の海鮮丼に大満足。ポイントカードで割引も

すかいらーくの株主優待で行ける回転寿司の魚屋路(ととやみち)。先日もらったクーポンブックでは「1,500円以上150円引き」という渋い内容だったので、いまいち気が乗らなかった。

魚屋路は店舗が少ない

魚屋路はすかいらーく系列ではめずらしい回転寿司で、職人に握ってもらえるわりには値段もリーズナブルだ。手軽に海鮮が食べられるので優待ホルダーとしてはうれしいお店だが、ほかのファミレスチェーンに比べて店舗数が少なすぎる。

ガストとジョナサンは合体させて、魚屋路とバーミヤンに模様替えしてほしい。寿司職人が足りなかったら、かっぱ寿司やはま寿司と同じロボット製造でもかまわない。むしろ手作りとロボットで回転寿司を2業態展開してもいいくらいだ。

ランチは最安640円から

魚屋路のランチ握りセットは、最安640円(税抜)からラインナップされている。今回は日替わりちらしより豪華な「ととやの海鮮どーーん(1,080円)」をお願いしてみた。平日11~17時のランチタイム限定で、味噌汁と茶碗蒸しが付いて来る。千円出せば、握りの「満足ランチ(890円)」より高級なくらいだ。店の名前を冠したおすすめ丼ぶりの実力はどうだろう。

ランチタイム、味噌汁は全メニューに無料で付いてくるようだ。セルフサービス方式でよそいに行くが、さすが寿司屋の味噌汁はほかと違う。実は少ないが魚介のダシがしっかり出ていて、牛丼屋で出てくるチープな味噌汁とは別物に感じる。

客席に魚を見せて回る行事

料理の到着を待っている間、これから捌くらしいひらめをザルに乗せて、店員さんが客席を巡回していた。これは魚屋路恒例のサービスらしく、当日おすすめの魚をこうやって見せて回るようだ。

前回は寒ブリを出ていたので追加でいただいたが、今日の予算は海鮮丼の千円きっかし。申し訳ないがひらめは見送らせてもらった。食べている間も、カウンターから「ひらめはどうですか?」としきりに宣伝してくる。そこまで言われたら食べてみようか(注文しない方が野暮だ)と思わせる、魚屋路の営業戦略である。

もちろんお客さん側におすすめメニューを注文する義務はないので、基本的にスルーしてもかまわない。ただ、寿司屋で職人さんとインタラクティブな会話を楽しむという面では、ぜひお願いしてみたいところ。

魚屋路に行くなら予算1,500円ほしい

こういう余計な気をつかわないで済むロボット回転寿司とどっちがいいかは、人によって分かれるだろう。対面形式の魚屋路に行くときは、できれば予算1,500円くらいはみて、追加で1~2皿頼めると店員さんと円満な関係を築ける。

すかいらーく銘柄を1,000株保有で年間6.9万円もらえる優待券。週1回ペースなら、魚屋路で1,500円使っても大丈夫だ。週に一度、回転寿司でランチとはささやかな贅沢。築地の寿司屋で常連になりたいとまでは思わないが、いつかは回転寿司で皿の模様を見ずに(値段を気にせずに)好きなネタを取れるようになりたい。

見た目二郎風だが中身は別格

いよいよ届いた海鮮丼は写真の通り、かなりのボリュームだった。横から見ると、寿司のネタが山のように盛り上がっている。ノリは二郎系だが、安いもやしやキャベツではなく、エビやホタテがぎっしり詰まいる。確かにこれは1,000円の価値がある丼ぶりに思われる。まるで寿司ネタのパフェだ。

山の部分は筋子が振りかけられているので、そのまま醤油なしでも食べられる。下の方に座布団のようにネギトロが敷かれているので、ここだけワサビ醤油をかけるとバランスがいい感じだ。

エビとホタテとサーモンはそのまま刺身で食べても十分おいしい。ただ、サイズが大きくてお腹的には満足だが、単調なので中盤から飽きてくるともいえる。ネタは多くてうれしい分、ネギトロ部分まで来るとご飯が足りなくなってくる。お茶碗一杯で卵かけご飯と納豆を両方楽しむような感じだ。

特にバリエーションや味の変化を求めず、がっつり魚で腹を膨らませたいなら、海鮮どーーんはありだろう。スプーンでがつがつ食べられるので、時間のないランチタイムにも適している。

魚屋路のスタンプカードを入手

お会計時に、ほかのお客さんがみなカードを提示していたので不思議に思った。どうやら魚屋路独自のポイントカードが発行されているようだ。

新規発行してもらって中身を確かめたところ、500円ごとにスタンプ1個、貯めるごとに割引率が大きくなる仕組みだった。ただし有効期限は1年なので、どのあたりまで目指すか難しいところだ。

ランクごとの利回りを整理すると、

  • スタンプ10個=5,000円=200円引き(4%還元)
  • スタンプ20個=10,000円=500円引き(5%還元)
  • スタンプ30個=15,000円=800円引き(5.3%還元)
  • スタンプ40個=20,000円=1,200円引き(6%還元)

1年でMAX2万円分のスタンプを貯めれば、最高6%の割引を受けることができる。優待券が年間6.9万円あると思えば、達成できない数字ではない。むしろ魚屋路に注ぎ込めば、3周はできる計算だ。

問題は魚屋路のお店が遠すぎて、なかなか通いにくい点だ。一応、全店舗でスタンプを押してもらえるようだが、雨の日や出張など考えるとそこまで集められないかもしれない。またクーポンブックの季節になると、ほかのファミレスにも集中投資したくなるだろう。

とりあえず今年はできるだけ魚屋路に通って、どのくらいスタンプを集められるか試してみたい。スタンプの基準は優待券と同じ500円なので、1回1,000~1,500円を超えるくらい注文すれば、端数なく獲得できそうだ。