魚屋路の平日ランチ最安「日替わりちらし」は大盛り無料で具も豪華

すかいらーく株主優待でいける回転寿司、魚屋路(ととやみち)。前回いただいたゴージャスな「海鮮どーーん」と比較のため、平日限定ランチタイム最安の「日替わりちらし」を試してみた。

大盛り無料のちらし丼

平日ランチ限定、同じ丼もので海鮮丼の方は1,080円だが、ちらし丼はわずか680円でいただける。最安価格の「日替わり握り」もあるが、実はちらし丼の方は「大盛り無料」である。コスパを調べるため、もちろん大盛りでお願いしてみた。

価格的には磯丸水産の「まぐろ2色丼」や「まぐろ漬け丼」と同じレベル。海鮮丼のお店によっては、納豆や温泉玉子を散りばめた爆弾丼で500円台のところもある。しかし、ご飯大盛り無料というのは海鮮丼屋でなかなか見かけることはない。

魚屋路のランチ味噌汁はお得

待っている間にランチタイム無料サービスの味噌汁コーナーへ。前回のあら汁と違って今日はあっさりしたあおさ汁だった。ファミレスのスープバーとは段違いにうまい魚屋路のフリー味噌汁は、日によってレシピが変わるようだ。

13:30頃、遅い時間にうかがったので、お客さんもまばらでネギをたっぷりトッピングできた。12時台だと狭いカウンターもすし詰め満席で、味噌汁の具もあっという間になくなる。このネギ味噌汁だけで、牛丼屋の豚汁くらいのバリューがある。

大盛りご飯が半端ない

空いているので、ちらし丼もすぐに出てきた。「日替わり」とあるが、構成内容はウェブサイトのメニューと変わらないようだ。まぐろ、サーモン、白身が一切れずつあるのは普通として、この価格で穴子にイクラまで乗っている。ネギトロもたっぷり、玉子とエビも加えて、かなり豪華なトッピングに見える。

穴子のサイズは劣るが、内容的には磯丸水産の千円以上最高級メニュー「海鮮こぼれ丼」に匹敵する。キュウリやガリ・大葉を乗せて割り増ししていない分、シンプルな魚屋路の方がコスパは高い。

そして期待の大盛りごはん。ちゃんと酢飯で具の下にぎっしり詰まっていた。軽くお茶碗3杯くらい、想像以上のボリュームで食べ放題のお店に来たくらい満腹になってしまった。

当然ご飯の量に対して具が足りなくなるが、そこは寿司屋なので、無料ガリを使って必殺生姜丼をアレンジできる。お代わり無限の味噌汁を加えれば、いくらでも箸がすすむ。

内陸では珍しい生シラス

思わぬビッグサイズのちらし丼でお腹がはちきれそうだが、680円という価格は優待券を使うには中途半端だ。せっかく寿司屋に来たので、アラカルトで握りもいくつか頼んでみた。

今日のおすすめのうち、260円の「生しらす軍艦」と120円「するめいかげそ」をチョイス。生シラスといえば、江の島や静岡県に行かなければめったに食べられないイメージがある。回転寿司で、260円の中程度価格で試せるとは興味津々だ。

大葉に生姜をちょこんと乗せて、醤油でいただく生シラス。味は淡泊だが、食感としてはウニか白子のようである。どちらかといえば魚というより珍味の部類に入ると思う。軽く塩味のついた茹でシラスの方が、実は好きかもしれない。

いずれにしても、シラスは大衆魚と見えて、お店で食べればそこそこ高級な食材といえる。

最安120円の甘ダレいかげそ

ゲソの方は穴子と同じ甘いタレでいただく。最安メニューの一つで見た目はゲテモノっぽいが、タレに工夫があって気分を変えるには悪くない。同じイカでも、やりいかは160円に値上がりする。むしろ噛みごたえがあるゲソの方が、好みといえる。

これでトータル千円オーバーしたので、優待券2枚をもれなく使えたうえ、前回ゲットした魚屋路カードにスタンプ2枚押してもらえた。1年の有効期限で貯めれば貯めるほど割引率が増えるスタンプカード。どこまで粘って貯められるかが楽しみだ。

魚屋路
ゆうたいけん
タイトルとURLをコピーしました