貧民救済。ステーキガストの599円サラダバーランチを見直す

連日のガスト通いも飽きてきたので、たまに趣向を変えてステーキガストの方に行ってみた。お目当ては599円のサラダバー単品。

せっかく食べ放題なのだから、余計なハンバーグや惣菜で腹を膨らませない方が効率良い。おひとりさまの日常利用としてはサラダとデザート、そして穀類・スープに特化するのが得策だ。割高な肉類はガストの日替わり定食などで間に合わせればよい。

食べ放題2種類の違い

ステーキガストのランチメニューは、基本的にすべて食べ放題。ハンバーグやステーキには「ランチバーセット」と「健康サラダバーセット」の2種類価格表示されている。

1,000円以下の安いメニューなら、後者のサラダバーは200円アップ。高価格帯のステーキだと150円の追加で済んだりする。予定通り599円の単品サラダバーを頼もうとして、「100円追加でハンバーグが付くのか?」と一瞬迷ったがこれは誤解。

最安699円で目玉焼きハンバーグや、ミニハンバーグ&イカフライ&ソーセージという魅力的なメニューが出ているが、これはランチバーセットの方だ。サラダも食べ放題にするなら、200円上がって899円になってしまう。

ステーキガスト、ランチバー・サラダバーメニュー

ステーキガストのライス・カレー・パンは種類豊富なので、これだけでも十分楽しめる。もしメインのお肉を頼むなら、ランチバーを選んでひたすら炭水化物を食べる日に徹するのが得策だ。

サラダバーランチのコスパは高い

逆に肉は省いて野菜・果物摂取に特化したいなら、599円の健康サラダバーランチを単品注文するに限る。ガストの日替わり499円より100円アップになるが、これでなかなか種類豊富なバイキングを楽しめるのだから、コスパは高い。

ステーキガスト、健康サラダバーメニュー

ランチで1,000円出せば食べ放題できるお店はざらにあるが、599円でここまで食べられるのはステーキガストくらいだろう。

もし将来食い詰めて自炊材料も買えないくらいに貧窮したら、数日に1回ステーキガストで食いだめして飢えをしのぎたい。同じお金を使うなら、牛丼やうどんのチェーン店に通うより栄養バランスもとれる。

ランチバイキングの下準備

優待ランチでステーキガストに行くときは、夕食を抜く覚悟で臨む。今日は寝坊して朝食が遅くなってしまったので、15時頃に食べ放題してディナーを省こうと考えた。

冷蔵庫の中に今日中に食べないと悪くなる食材はないか。体調・コンディションは問題ないかなど、バイキングの前にチェックすべきことはいろいろある。毎日食べ過ぎると体調を崩したり、ありがたみも薄れたりするので、最低でも1週間は空けるルールにしている。

久々に来店した15時過ぎのステーキガストは閑散。自分と似たような大食い専門とおぼしき男性客数名、あとはサングラスをかけたマダムが優雅にステーキを食べている。

平日の中途半端な時間に外食する人は、おひとりさまばかりなようだ。しかも見た目はちょっと普通じゃない人が多い(自分も人のことは言えない)。お客さんが少ない方が、サラダバーコーナーも混まないのでありがたい。

野菜はケールだけ国産?

とりあえずインスタ映えを狙って、野菜系のメニューをバランスよく盛ってみた。スーパーでこれだけ惣菜を買えば、599円は軽く元が取れそうに思う。

ステーキガストの野菜取り放題

ステーキガストやほぼ半年ぶりだが、サラダメニューに変わりはない。めずらしいものでは、ケールの葉っぱを食べられる。メニューで「健康」とうたっているのは青汁の原料でもあるこの葉っぱのためだろう。

ケールだけ「国産」と銘打ってあるので、ほかの野菜はどこ産か知れたものではない。少なくとも日本産でないことだけは確かだと思う。

フォッカッチャに新味登場

野菜は食べ終わって次は穀物。季節的にソーメンが置いてあったが、ふやけた冷製パスタのような感じで味はいまいち。ピリ辛のケイジャンライスは健在で、カレーも普通においしい。

ステーキガストのご飯とカレー

続いてパンコーナーに向かうと、フォッカッチャにハニー&チーズ味というのが追加されていた。トースターで温めるとハチミツ成分が溶けてなまめかしく見える。

ステーキガストのフォカッチャ

しばらく歯周病の治療のため甘い物・間食断ちしていたせいか、菓子パン風味のフォッカッチャは一発で気に入った。今後はプレーンとバジルよりハニー&チーズを優先的に摂取したい。デザートを抜かしてリピートしてもいいくらい、ハチミツ味はいける。

ステーキガストのパン

ご飯とパンの食べ放題だけでもこの満足度。もしサラダ抜きの「ランチバー食べ放題」が単品399円とかでラインナップされたら、バカ売れすると思う。

しかし客単価やお店の格は著しく下がると思うので、ユーザーとしてはともかく、株主としては推奨できない。サラダバーの単品も、自分のような食いしん坊にあたると確実に赤字だろう。

コーンスープが濃厚

スープを飲むのを忘れていたので取りに行くと、ガストやバーミヤンと似た中華スープともう一品、コーンスープが並べられていた。

飲み放題だからどうせ薄味のまずいやつかと思ったが、思った以上に味が濃い。これはガストプロパーのコーンポタージュに匹敵するクオリティーだ。目をつぶって飲めば、名店あさくまのコーンスープと見分けがつかないくらい。

ステーキガストのコーンスープ

いやはや、ほかのバイキングにつられて貴重なスープをうっかり飲み損ねるところだった。ステーキガストのコーンスープは本気だ。これが飲み放題なだけで、プラス300円くらいの価値がある。

デザートのフルーチェが桃味に

野菜も炭水化物も十分摂取して腹八分というところ。デザートはオレンジとパイナップル。そしてコーヒーやプリンという魅惑の流動食がそろっている。

ステーキガストのデザート

久々に見ると、フルーチェが白桃味に変わっていた。見た目は一緒だが、口に含むと不自然なくらい桃の味がする。

ただでさえ体に悪そうな人工的デザートのフルーチェに、化学的な香料がどっさり追加された雰囲気。味も甘すぎて、まるで理科の実験でつくった化合物のように感じた。

オニクジでステーキ400円引き

3種の中ではプリンがいちばんまともそうに見えた。コーンスープと一緒にプリンを数回お代わりして今日の食事は終了。

料金は600円そこそこなので、大当たりで無料になってもそれほどうまみはない「ごちガスト」にも挑戦。昨年からもう20回くらいタブレットでおみくじを引いているが、一度も当たったためしがない。

ごちガストとは別に、レジでONIKUJIというダジャレのようなくじを引いて割引券がもらえた。ロースステーキが400円引きだから、そこそこうれしいクーポンといえる。

ステーキガストの割引クーポン

だが優待ランチで1,000円オーバーするのはよほどのことだ。同じすかいらーく優待を使うなら、ガストのステーキよりしゃぶ葉で食べ放題した方がお得。どうしてもステーキが食べたければ、スーパーで買って自分で焼く。

自炊と優待を兼用して食費の最小化を目指すなら、お金のかけどころを見極めるのが大事だ。その意味においても、ステーキガストの599円サラダバーランチは利用価値の高いメニューだと再確認できた。