ジョナサンの朝から1,000kcal越え、隠れメガ盛りサンド

すかいらーくの株主優待でジョナサンのモーニングへ。税抜399円のドリンクバー単品でコメダ珈琲よりよさげな朝食がついてくる。しかし優待券の500円を下回ったお釣りは出ないので、ついつい上位のメニューを頼んでしまう。

スポンサードリンク

ガストの9時オープンを忘れていた

先日表参道の「パンとエスプレッソと」で念願のフレンチトーストをいただいたところ。ジョナサン、ガストのモーニングに出てくるフレンチトーストよりどのくらいおいしいのか比べてみたいと思った。

最初にガストに向かったが、近所の店舗は朝9時オープンなのを忘れていた。これだとほとんどモーニングの意味がない。仕方なく第二候補のジョナサンに行ってみた。

謎の高カロリーサンドイッチ

ジョナサンの自家製フレンチトーストは前回試したので、新開拓のため選んだのは「シャキシャキキャベツのハムエッグサンドモーニング」。見た目はキャベツサラダを挟んだ健康そうなサンドイッチだが、なぜか1,093kcalに塩分3.8gという目を疑う数値が記載されている。

税抜649円なので、599円の目玉焼き/スクランブルのモーニングセットよりやや高い。しかもこの2品と違って「セット」でないので、トーストやライスはついてこない。パンケーキを試したかったのに無料で選べず残念だ。

前回試した油にシロップたっぷりのフレンチトーストより熱量が多い。何がどうなってそんなハイカロリーになるんだろう」と不思議に思い、興味津々で到着を待った。ランチスープはついているので、いつもの薄味コーンスープをすすりながら席で待つ。

特大サンド2枚にフライドポテトも

やってきたのは普通のサンドイッチの2倍はありそうな特大サイズ。「バーガー袋に入れてお召し上がりください」とのことで、簡素な紙の袋が2枚付いてくる。

なるほど、これはサンドイッチという名前だが、高級ハンバーガー店で出てくるプレミアムバーガーだ。バンズはトーストで肉はハムだが、目玉焼きも挟み込まれているので、マクドナルドの月見バーガー2個分といえるかもしれない。

中身はシンプルなマヨネーズ味のキャベツサラダが大半を占めるという、一見ヘルシーな野菜サンドといえる。ハンバーガーから肉を除いて、コールスローサラダをどっさり挟んだ感じだ。

さらにプレートには、他のモーニングセットのようなレタスではなく、フライドポテトが結構なボリュームで添えてある。キャベツにレタスだとかぶるから理由はわかるが、確かに完食すれば1,000kcalを超えてもおかしくないメニューに見える。

焼き立てトーストに冷たいサラダ

トーストは焼き立てアツアツで、中の冷たいキャベツサラダといい組み合わせだ。名前通りのシャキシャキ感はそのまま食べてもおいしそうなサラダ。この冬はスーパーのキャベツ価格が高騰しているので、ファミレスででもしっかり味わっておきたい。

パンに油分はそれほどないが、立てるとサラダの汁が垂れてくる。いわれた通り白いバーガー袋に入れると、服やテーブルを汚さなくて済む。

一応ハムも挟まれているが、キャベツ層に比べるとわずかなので、ほぼサラダを食べている感触しかしない。タマゴサンドやハムサンドはあるが、キャベツに特化したサンドイッチというのもめずらしい。トーストが焼いてあるだけで、コンビニで売られている野菜サンドよりは格段に高級なメニューに見える。

夢中でかぶりついてあっという間に1個平らげたが、不思議とお腹に満足感が得られた。キャベツサラダもマヨネーズの分、意外とカロリーがあるのかもしれない。フライドポテトを食べながらリフレッシュして、2枚目もバーガー袋に入れていただいた。

ファミレスのメガ盛り定番化

ドリンクバーは普通についてくるので、いつも通りカフェラテと抹茶ラテをローテーションしながら、野菜ジュースや玄米茶も挟みつつ満喫した。東京は雪の予報で天気が荒れそうだからか、お客さんも少なく静かな朝だ。

たまたま早く目が覚めて4時に起きたので、実は朝食は2回目。ビッグサイズのサラダサンドだったので、昼食は不要になった。モーニングといいつつ、破壊的なメガ盛りバーガーをラインナップしてあるのは、さすがジョナサンだ。すかいらーく系のファミレスは、洋食も中華も揚げ物ミックスのハイカロリーメニューが必ず用意されている。

税込701円なので、優待券500円にSuicaで残額お支払い。朝から素晴らしいご馳走を堪能させていただいた。スープもドリンクもたらふくいただき、空いている店内で快適にノマドワークもできた。

スポンサードリンク